換金目的をもって列車の乗車チケット等を購買する・・・現金化というもの利用しないで、換金する目的でクレジットカードで購入することでも同じと言えます。換金することを意図しているクレジットの決済であるとクレカの違反に繋がってしまうことからです。旅券の他切手を購入するなどにおけるクレジット決済では、場合によっては現金化が目的なのでは?という風に目をつけられてしまう事例もあり得るため、注意が必須なのです。さらに、利用時点でキャッシング枠の方が限度となられてしまっている人の場合においては、列車等の乗車切符などを購買することだけであってもクレジットカードの発行会社のチェックの電話が来てしまうケースがあるため、経済状態が悪い時の使用はさせないようになってしまうと思われます。懐事情に問題がある状況で頭をよぎることというのは多くの場合一緒です。発行会社にとってよくない使用法をしてしまうこと→昔話題に上がった『永久機関』のような、カード発行会社に対して少しもプラスになり得ないような正当でない決済を行った場合、クレジット会社の判断で強制退会させられることも存在します。インターネット上に出回ったクレジットポイントの不正な搾取のような知られていない手段が存在してもそういったやり方というものは間違えなくカードの利用規約違反になるので絶対使わないようにしてください。強制没収させられた契約情報については他のカード会社へ流れる)失効させられてしまっても、ほかのクレカに関しては使用可能のであるからひとつであれば問題ないでしょう?とか思った方は、この情報流通社会でその考えは信用を失う危険があるでしょう。なぜかと言うと、そもそも強制失効になってしまうような事例においては、カード会社により閲覧出来てしまう情報機関にそういった個人情報が記載されるために、強制退会された人の信用情報というものが急落する場合もあるためです。所有するだたひとつであっても失効させられてしまえばその他のクレジットカードであっても審査に通らなくなってしまうようですし、今持っているクレジットまでも強制没収となることもあるでしょう。運良くそのまま使用できる際でも使用期限切れ時に更新不可となることもあるでしょう。しつこく記載していますが失効させられてしまうような使用はどんな理由があってもなさらないよう、健全に使用して頂きたいと思っています。